人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

仏説が教える3つの徳積み法


f:id:dousuruka:20180916210403j:image

徳を積むということは、「人に益することを行う」ということです。

 

ただし、いくら「人に益する」とはいっても、たとえばお金を欲しがっている女性に売春をすすめるとか、欲望を放出したがっている男性に売春をすすめるなどというのは、徳を積むということにはなりません。

 

東南アジアの人たちが貧しさからの脱出を求めているからとか、仕事を求めているからといって、日本男性売春ツアーを企画したり、じゃぱゆきさんとして入国させ暴利をむさぼるということは、いうまでもなく偽善である。

 

いくら「人に益することだ」と弁解しても死ねば地獄行きとなります。

 

「人に益すること」の基本は、善なる心から発するもの、慈愛でなければならない。

 

「人に益すること」というのは、大慈悲をもって、施すべきは施し、戒めるべきは戒める、といったことが必要なのです。

 

そこで、仏教ではこの「人に益すること」としての徳行を、どのように教えているのかについてお伝えします。

 

 

それは大きく分けると、「体施」「物施」「法施」の3つにわけられます。

 

「体施」というのは、文字通り自分の身体を使って奉仕をすることだ。

 

たとえば町中の掃除、ボランティア、山野の清掃、在宅療養老人の介護…、体力のある人は身体を使って奉仕をすること、これが「体施」です。

 

お金のある人は、お金や物でご奉仕する。

これが「物施」です。

 

そして、「法施」は、学校の先生やお坊さん、宗教人たちのなすべきことで、人が本来あるべき幸せへの道を説く。

法を施すことによって善を行うことです。

 

さらにつけ加えれば、霊的空間に無形の善を施す「言霊施」があります。

 

よい言霊(言葉)を人や物や空間にどんどん施せば、あとで必ずいいことになって結実し、人々の幸せにつながっていくのです。

 

また、よい念を人々や事物に施す「念施」によって、霊空間に善の基を形成することもできるのです。

 

 

 

魂を磨くとカルマが変わる


f:id:dousuruka:20180914211917j:image

世の中に完全無欠な人間は一人もいません。

 

・胃腸が弱い

・もう少し頭が良かったら…

・積極性が欲しい

・ヤセたい

・血圧を下げたい

・お金が欲しい

・地位が欲しい

・身長が欲しい

・両親が欲しい

・美男美女で生まれたかった

 

等々、あげればキリがありません。

 

隣の芝生はキレイに見え、他人のお菓子はおいしくみえるように、人間の欲望には限りがないのです。

 

さして太ってもいないのに、ヤセたいという欲望が強くなると、やがて拒食症になってしまいます。

 

無理に身長を伸ばそうとして、首を吊ってしまった少年もいるそうです。

 

権力の魔力、お金の魔力にとりつかれて、転落していった人は数知れません。

 

もちろん、このような欲望だけでなく、交通事故で親兄弟を亡くしたり、生まれつき、心臓や肝臓が悪かったり、あるいは四肢に障害を持って生まれてきたりする人たちもいます。

 

このように、人によって様々なハンディキャップがあるのは、人がそれぞれ違った前世のカルマを背負って生まれてきているからです。

 

過去世のなかで、自分自身が蒔いた種や、あるいは先祖が蒔いた種の結果として、現実界(現状)があるのです。

 

「どうして、こんな悪い運命を背負って生まれてきたんだ」と、世を呪い、神様を呪うのは、見当はずれというものなのです。

 

また、福祉はもちろん必要ですが、自分はハンディキャップを背負っているのだから、自分よりも健常な人たちや社会が、救いの手を差し伸べてくれるのは当然である、といった考え方も誤っていると思います。

 

全ての人が、形や現われ方は違っていても、いろいろなカルマを背負って生きている以上、そのカルマをどのように受け止めて生きていくのか、ということが大切なのだと思います。

 

カルマに背を向け、消極的に根暗に、世の中やご先祖様を恨みながら生きたのでは、次に転生再生した時にはもっと醜いところに生まれてくることになります。

 

カルマや人生から逃げないで、前向きに、魂の練磨に励み、自分のやれる範囲の世界で努力することで、自分の未来を変え、晩年を変え、来世を変えることができるようになっていくのです。

 

 

社会福祉といえば、誰もが国の問題だと考えてしまいますが、そうした国の問題と同時に、ハンディキャップを背負った私たちの一人一人の、強い意思と忍耐力、自立心もまた大切なのです。

 

「臭いものにはフタをする」といった、日本の権力者や庶民の生活の知恵は、長い間、大きくて重いカルマとしてのハンディキャップを背負った、社会的弱者と呼ばれる人を、社会から隔離してきました。

 

それはあたかも、自分が目を閉じさえすれば、今まで自分が見ていた世界、生きていた世界が全て見えない以上、虚構の世界になってしまう、と考えるのと同じことです。

 

人は、永遠に目を閉じ続けることはできないから、いずれ目を開ければ元の、少しも変わらぬ世界が待っているだけです。

 

このような考え方は捨て去って、健常者と非健常者が一緒に社会生活を遅れるような方法を選ぶべきでしょう。

 

そのような社会になって、初めて私たちは自分のカルマを静かに見つめるようになれるし、大きなハンディキャップを背負った人たちの自助努力に協力の手を差しのべることができるようになり、自分自身の魂を練磨し、徳を積み、来世を変えることができるようになってくるのです。

 

 

信仰というのは稽古ごとだ


f:id:dousuruka:20180914153946j:image

黒住教の教祖である黒住宗忠公は、

 

「信仰というのは稽古ごとだ」

 

と言っています。

 

信仰というのは、お茶、お花、柔道なんかと同じように、基本法則は簡単なもので、真に会得するためには、何度も何度も練習をして、考えなくても自然に水の流れるように身体が動いていくようになることです。

 

 

神人合一するということは、この黒住宗忠公が言っているように、練習を重ねて自然に身につけること。

 

ダンスを踊るのも、神人合一するのも同じこと。

 

練習に練習を重ねることでお互いのタイミング、呼吸があってくるようになります。

 

この練習を怠けていたのでは、とても呼吸もタイミングも合いません。

 

だから、理屈ではないのです。

 

その為には、まず神様を信じること。

 

信じ続けて、どこまでも信じる。

 

信じるという練習を続けることで神人合一に近づくのです。

 

それは、我を出しすぎても駄目だし、神様に頼りすぎても駄目です。

 

練習をせっせとするのは自分の努力、個我の力、責任で、それなしには神人合一はできないのです。

 

けれども「これくらい頑張ったんだから…」

と我を張っても、それはやはり駄目なのです。

 

 

練習、練習。やはりまず、正しい神人合一の法を聞いて、そして、次々いろいろやってみる、そうして体験を通して体得する以外に、「神人合一の道」の上達法はないのです。

 

 

 

 

問題点が見つかれば解決策が考えられる


f:id:dousuruka:20180913191614j:image

自分の経験から、何が問題かわかったと思った時には、問題は半分以上、解決していると思います。

 

問題点が見つかれば、解決策を考えることができる。

 

解決策が見つかれば、それをやればいい。

 

改善点を考えられるようになった時点で前進しているということ。

 

そう思ったほうがいいです。

 

何をやっていても、必ず、時差はあります。

 

今日の成果が次の日に出ることなんて、めったにありません。

 

そういうものだと思えば、つらい状況にも耐えることができます。

 

状況が大変な時こそ、気持ちが大事です。

 

短期的なことばかり考えると、どうしてもせせこましくなってしまいます。

 

自分が窮屈になる。

 

長い目で物事を見たほうが、ゆとりが持てるはずです。

 

 

ピンチをチャンスに変える言葉「ちょうどよかった」


f:id:dousuruka:20180912152020j:image

寂しい、悲しい、悔しい、腹立たしいという感情が生まれる場に遭遇したときに唱えると効果のあるいい言葉があるので、ご紹介します。

 

「ちょうどよかった」

ミスやトラブルが起こったとき、不安や怒りの感情が生まれ、混乱するかもしれません。

 

しかし、そういう感情にとらわれることなく、「ちょうどよかった。もっと会社の規模が大きくなってから起きたミスだったら大変なことになっていた」と考えてみるのです。

 

 

どうですか。見方が変わったのではないでしょうか。

 

そして、さらに一歩進んで、行動を変えるために、「ちょうどよかった」の次に、

「これをきっかけに・・・」と続けてみてください。

 

「これをきっかけに、業務の見直しを進めよう。チェック体制もあらためよう」

 

これはビジネスシーン以外でも有効な考え方です。

 

例えば、あなたが失恋したとしましょう。

 

あきらめきれずに元恋人につきまとってしまったら、それはストーカー行為です。

 

しかし、そのときに心の中でさっきの言葉を唱えてみたらどうなるでしょうか。

 

「ちょうどよかった。もっと長く付き合ってから別れていたら、失恋の傷はもっと深かっただろう。早い段階でお互いの人間性が見えた」

 

「これをきっかけに、異性を見る目を養って、新しい恋をしよう」

 

もしくは、

 

「これをきっかけに、もっと自分を磨こう」

 

でもいいでしょう。

 

「ちょうどよかった」「これをきっかけに・・・」は様々な場面で使える魔法の言葉です。

 

身体、言葉を働きかけの方法に使うことで、負の感情をプラスに変え、次の勝負へと態勢を立て直しましょう。

 

 

 

痩せるためのすごい裏技


f:id:dousuruka:20180902190037j:image

女なら、いつでも痩せたいと思いますよね。すっきりスリムになれば、どんな服でも着こなせるし、自分に自信も持てますよね。

 

世の中に、こんなに色々なダイエット方法があるのも、ダイエットに成功する人が少ないからなのでしょうね。

 

さて、それではダイエットに一番大切なことは何でしょうか?

 

それは、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないことです。

簡単なことなんですが、これがなかなか難しいんですよね。

 

そこで、今日は、全体的にほっそりしたい人のための基礎代謝を上げる方法をお伝えします。

 

昨日の記事にも書いた、安田隆さんのきれい!にすぐ効く「気」のミラクル・セラピーに載っている方法です。

 

 

全体的にほっそりしたいなら

→食事直前に手を冷やす

 

これは基礎代謝を上げるのが一番いい。

みんな、もう知ってるとは思うけど、基礎代謝ってのは、何もしないでジッとしているだけでも消費されるカロリーのこと。

 

個人差はあるとしても、ま、1日平均1200カロリーあたりってのが相場。

 

だから、食事療法なんかは、緩やかなので1600カロリー、きつめなもので、1200カロリーなんてのが多いわけ。

 

何にもしないで1200カロリーは消費されているわけだから、普通に動いて消費されるカロリー分でやせようってことね。

 

でもね、この基礎代謝を上げることができれば、もっと楽してやせられるのは明らかでしょ?

 

だから、サプリなんかでも、基礎代謝を上げようとするものも、いくつかある。

 

でも、効果には個人差があるんだ。代謝って、健康状態とかにも関係してるしね。

 

こういう時に「気」が役に立つんだ。

 

①手のひらサイズの蓄冷剤を2つ用意。

 

②食事の直前に、蓄冷剤を両手に握り、3呼吸する。(10秒から15秒を目安に我慢し過ぎないこと)

 

③冷えた手を顔につけて温める。

(お湯に浸けても可。顔につけると美顔効果もあってお得!)

 

④続けられるようなら、これをあと2回行う

(計3回が目安。無理なら1回でも十分です。無理すれば凍傷になる恐れもあるので注意して)

※1日3回食前に行えば基礎代謝は上がる。

 

※そのほかに冷却シートを肩や背中に貼る方法もある。8㎏、10㎏は当たり前にやせていくんだ。なりたい自分をイメージしながらやると、さらに効果が上がるよ。

 

なぜこれで基礎代謝が上がるのか?

 

温めたければ、まず冷やすことだ。

体には、「冷点」と呼ばれる「冷たさ」を感じ脳に伝える器官がある。ここが冷えると、脳は「外は寒いんだな」と判断して体温を上昇させる処置をとる。

これを一日中やってしまうと、脳は脂肪をつけて寒さから身を守ろうとするので注意されたい。

この冷点の刺激を食事前にすると、食事の時の体温上昇との相乗効果で、さらに基礎代謝が上がる。当然、痩身効果も高い。

 

ということだそうです。

 

本当かな~?と思っているあなたも、やってみて欲しいです。

 

私も、本当かな~?と思いながら続けてみると、同じ食事を取っていても太らなくなってます。

 

体脂肪計付きの体重計で測ってみても、基礎代謝が表示されるんですが、基礎代謝がどんどん増えていっていて驚きです。

 

お勤めの人は保冷剤を持ち歩くのが、少し面倒かもしれませんが、これはかなり効果がある方法だと確信しています。

 

ぜひ、保冷剤ダイエットに成功したら、成功体験談を教えて下さいね!

 

 

 

 

 

お金がどんどん貯まる秘法


f:id:dousuruka:20180902183008j:image

これは、安田隆さんの本、きれい!にすぐ効く「気」のミラクル・セラピーに載っていた方法なんですが、効果があると思いますよ。

 

紹介すると、

お金がどんどん貯まる

  →答えはお金が知っている・・・?

 

ならば、お金に聞いてみたらどうかな?

「どうすれば、私のところに皆を連れてきてくれるのか?」って本人に直接聞くの。

え?そんなこと信じられないって?

そうだよね、無理もない。

信じてくれ、とは言わないけれど、でも、信じたって損はしないよ。

もし、こういうことが存在したら、あなたは丸もうけでしょ?

で、存在しなかったとしても、今のまま。

つまり、何の損もしないんだ。

これ、元金が保証されたギャンブルと同じでさ、賭けても損はないんだよ。

ま、ぬか喜びして損したって思う人もいるんだろうけど、もし、こういうことを信じたくない人だったら、お金を倹約したり、もっと稼いだりする努力や工夫を計画的にしていかなきゃだめだよ。今すぐに。

でも、その前に、聞いてみようよ。

お金さんの、あなたに対する気持ちを。

 

①まず、お金をイメージしてみる。

(そのイメージが、あなたのお金に関する器)

 

②次に、大金をイメージする。そして、その時の気分や感じを確認しておく。

 

③次に、「お金そのもの」になる。

(自分から抜けて、お金に憑依するようにする)

 

④お金になり、自分を見た時の気分を確認する。そして、私に来て欲しければこうしなさい、等のアドバイスを自分にする。

 

※お金さんからのアドバイスが守れた人はお金まわりがよくなります。

中途半端にやっても、まわりの人が食べ物を持ってきてくれたりして食べ物には困らない、程度にはなります。

でも、本当にきちんと実行したら、嘘みたいなことが起こります。

たとえば、ボルボをもらったりとか、500万円をもらったりとか・・・。これ実話です!


f:id:dousuruka:20180902153859j:image

私は、部屋を綺麗にするようにと、いらないものは捨てるようにアドバイスをもらって、守っていますが、確かに、まわりの人から食べ物をもらうことは多いし、臨時収入もちょくちょくあります!

本気で実行したら、ボルボや500万円?

これはやるしかないですね!