人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

時間を大切に使おう

 


f:id:dousuruka:20170930181324j:image

時間を大切にしていますか?

私達は、平等に1日24時間を与えられています。

 

どんなにお金持ちの人も、貧しい人も、平等に時間は与えられています。

 

一年間で、24時間×365日=8760時間です。

 

平均寿命まで生きるとしたら、70万時間以上あります。

 

まだまだあるから大丈夫なんて、安心しましたか?

 

でも、それは、平均寿命まで生きたらの話で、誰もいつ死んでしまうかはわからないのです。

 

そうなると、人生の残り時間は誰にもわからないんですよね。

 

こうして、ブログを読んで下さっている間にも時間は過ぎていってます。

 

時間はどんなふうに使おうが、過ぎ去って無くなってしまいます。

 

お金なら、なるべく無駄使いしないように、大切に使う人が多いと思います。

 

残りのお金が少なくなってきたら、節約したり、無駄なことにはお金を使いませんよね。

 

それなのに、時間に関しては、残りが少ないかもしれないのに、無駄に時間を使ってしまっている人が多いように感じます。

 

 

何のために生きているのか

より良い時間の使い方を考えるためには、私達は何のために生きているのかを知らないといけません。

 

私達は皆、魂の向上のために生まれてきているのです。

 

結婚するために生まれてきたわけではなく、仕事をするために生まれてきたわけでもなく、健康になるために生まれてきたわけでもないのです。

 

ただ、魂の向上のために生まれてきたのです。

 

その魂の向上のために、結婚があり、仕事があり、健康問題があったりするわけです。

 

魂の向上が出来れば、どんな人生だって、OKなんです。

 

ですから、与えられた人生の時間は、魂の向上のために使わないといけないのです。

 

魂の向上のための課題は人によって違います。

 

でも、その課題をやりとげることがその人にとっての魂の向上となるのです。

 

寸暇を惜しんで学んだり、人の為に役にたつことをしたり、一つでも、昨日の自分より向上できるように、努力し続けることが大切です。

 

人生は夏休みに似ているかも

人生は平均寿命まで生きると考えていると、まだまだ先がある、まだまだ終わらないと、のんきに構えていられるかもしれません。

 

でも、子供の頃、楽しみだった夏休みを思い出して下さい。

 

40日ぐらいあり、まだまだあると楽しんでいたら、あっという間に終わりが近づき、「宿題が間に合わない~!」なんて焦って、

「なんで、はやくから宿題やっておかなかったんだ~」と後悔した人も多いんじゃないでしょうか。

 

人生もそんな夏休みのように、あっという間に終わりが来るのかもしれません。

 

1日1日を大切に、時間を大切に過ごしていきたいですね。