人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

お姑さんとうまくやっていくために必要なこと、その2

 


f:id:dousuruka:20171127214928j:image

昨日の記事の続きになります。

 

dousurukakimeru.hatenablog.com

 

お姑さんとうまくいくために必要なことの2つ目を、同居20年の経験からお伝えします。

 

それは、贈り物を欠かさないということです。

 

母の日、誕生日、クリスマスなど、イベントの時には必ずお姑さんに贈り物をします。

 

いつもいつも豪華なもので無くてもいいんです。

 

私もさすがに20年もプレゼントを探してきたら、ネタが尽きてきた感じがしますが、ほんの気持ちでもいいので、必ず何か贈ります。

 

ケーキとか、ちょっとしたご馳走でもいいですし、普段使う物でもいいと思います。

 

私も最初は、服とかスカーフとか選んでましたが、最近は靴下の詰め合わせとかも贈ったりしています。

 

これは、「あなたのことは忘れていませんよ」という意思表示になりますから、どんなに頑ななお姑さんでも、なびいてきます。

 

私は、このことを、恋の守護霊  深見東州著

を読んで知ったのですが、実際に実践してみて、効果は絶大だと思います。

 

 

ムカつくお姑さんにそんなことしたくないわ

という方もおられるでしょう。

 

気持ちはすごくわかります。

 

私も、あんな人のためにお金なんか使いたくない、考えたくもない、関わりたくもないと思っていたこともあるので、本当に痛いほどその気持ちわかります。

 

でも、そうやってお姑さんを嫌っていても、憎んでいても、何にも変わらないんですよね。

 

人は変えられないんです。自分しか変えられないんです。

 

辛い目にあっても、いびられても、泣かされても、贈り物を続けてみてください。

 

前に健気さについて書いた記事がありますが、

 

dousurukakimeru.hatenablog.com

 

 

そんな健気なお嫁さんを、酷い目に合わせるお姑さんもいないんじゃないかと思います。

 

それに、そんな健気なお嫁さんは、守護霊様や神様もたくさん味方になってくれますから、きっと嫁姑関係も良くなってきます。

 

そして、人の幸せを願える自分になることで、自分も成長できますし、人間関係の課題を一つ乗り越えることが出来ますからね。

 

せっかく縁あって、嫁姑なんですから、この関係から学ぶべきことはしっかり学びたいですね。

 

これも読んでみて下さい。

 

dousurukakimeru.hatenablog.com

 参考になる本です↓