人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

大物を捨てるとスッキリ感が桁違いです。

 


f:id:dousuruka:20171227175351j:image

年末になりましたね。

大掃除頑張っているでしょうか。

 

私も普段からなるべく物を増やさないように、なるべく捨てるようにして過ごすようにしていますが、久しぶりに大物を処分しました。

 

扉つきの棚です。

前に、冷蔵庫の整理の記事でも伝えたと思うのですが、扉がある棚っていうのは外からみたら中身が見えずスッキリしていいのですが、中に何が入っているのか忘れ去られてしまう危険性がありますね。

 

久しぶりに扉を開けてみたら、どうでもいい物ばかり入っていて愕然としてしまいました。

 

キッチンに置いてあった棚なんですが、今は使わない物だらけでした。

 

 

扉つきの棚の中身は

中には、子供達が昔、スポ少で野球などやってた時の水筒が山のようにありました。

 

野球とか、剣道とか、陸上とかそれぞれ色々やってたので、水筒が何本あるんだ~ってぐらいありました。

 

バケツのような水筒もありました。

 

なんで置いておいたのか・・・。

 

今では全く使わないのに・・・。

 

扉つきの棚は本当に中身を忘れてしまうし、扉さえ閉めてしまえばなかったことのようにしてしまえるので、危険な収納道具だなと改めて感じました。

 

それで、いらない水筒類を全部捨てて、棚の中が何も無くなったら、前の私ならまた何かしまおうとする所ですが、棚ごと処分することにしました。

 

扉つきの収納はまたどうでもいい物を置いておくだけになる危険性を感じたからです。

 

扉つきの棚を処分したら

いよいよ棚ごと撤去して処分したら、それはまあ、スッキリ感が半端ないですよ!

 

キッチンも広くなり、明るくなり、家族も、

「うわ!なんか明るい!」

と驚いてます。

 

もっと早く処分したら良かったです。

 

大物の処分は想像以上のスッキリです。

 

皆さんもぜひチャレンジしてみて下さいね。