人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

たちまち好調の波に乗る方法


f:id:dousuruka:20180114215138j:image


私たち人間は、何でもいいから一つ調子がいいときは、次々調子良くいくのですが、一つ二つ失敗すると、ダメじゃないかと自信をなくしがちです。

 

そして、そこからガタガタとだめになっていってしまったりもします。

 

そこを克服できたら、心強いですよね。

 

 

どんなことがあっても落ち込まず、心を切りかえる

生きてたら色んなことがありますよ。

 

失敗も挫折も絶望するようなことも。

 

あっちこっちから色んなことを言われることもありますよ。

 

一つ失敗したら、「ああじゃないか、どうだろうか・・・」とか、次も不安になってしまうものです。

 

普通は、失敗が一つあったら、人間の気持ちというのは下り坂にいくものですが、そんな時でも、無理やりにでも気持ちを切り替えて、自らを鼓舞して、自分を奮い立たせていかないといけないのです。

 

若い間に調子よくいっている人は、一つか二つ失敗したり、自信をなくすようなことがあると、だめだと思って、世間は甘くないんだと思ってガタガタと落ちていってしまいます。

 

ところが、失敗の一つや二つ来ても、成功するまで同じことを20回ぐらいやる人がいます。

 

そのうちにヒットが出て、やっぱり成功したというふうになるまでやる。

 

粘着性があって、悪くいえばあきらめの悪い人間、その精神力がある人は最後には成功します。

 

実はここで能力の優劣が決まってくるのです。

 

誰でも、調子のいいときは強いものですが、ちょっと失敗があったり、不幸が続くと、そういう消極的、マイナス観念的状態になってしまい、本当にだめになっていくのです。

 

ところが、成功者を見ると、失敗の経験を何度もしているのだけれども、すぐに立ち上がっている。

 

心の切り替えの天才になろう!

棋士でも、プロゴルファーでも、心の切り替えの力こそが、強者・達人となる必要不可欠な要素なのです。

 

こういう人こそが、本当に運のいい人だといえます。

 

そういう心のバネを持つことが大切です。

 

では、心のバネは何でできているのでしょうか?

 

心のバネは、本人の前世の修業と信仰力と、見えないが背後でしっかり守っている守護霊様の、頑張れ、やるんだという心の支えなのです。

 

皆さんも、そういう気持ちで、何度も自分自身を鼓舞して、はっきりと意図的に自分の気持ちを元気づける努力を怠らないことです。

 

ただ、それだけのことで、運勢は天と地に振り分けられるのですから。