人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

ばかばかしいほど小さな目標を立てる


f:id:dousuruka:20180320145226j:image


今日のタイトルは、小さな習慣 スティーヴン・ガイズ著の中にある見出しの言葉です。

 

最近、読んだ中でとても良かった本です。

 

小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動。

この方法を使えば、すべてのことは習慣化し、目標を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。

何しろ「小さ過ぎて、失敗しようがない」のですから。

 

という内容なんですが、本当に言われてみれば、なるほど~!と納得できることが書いてあります。

 

例えば、腕立て伏せ一回だけやるとか、本を2ページだけ読んでみるとか、本当にばかばかしいぐらい、小さな目標なら、確かに失敗のしようがありませんよね。

 

そのばかばかしいくらいの小さな目標を毎日続けていれば、成功体験も積めて、いつの日か、大きく成功できる日がくるはずです。

 

この程度のことやっても意味ないよと思えるぐらいの小さな目標でも、コツコツ積み重ねていけば、もっと回数は増えるかもしれないし、出来たことも増えるはずです。

 

最初から、実現不可能な高い目標を設定して、3日坊主で、やっぱり無理だった、なんて駄目なやつなんだ・・・って落ちこむより、よっぽどいいですよ。

 

 

他にも、

モチベーションは全く信用しなくて良い。

 

とか

 

「ひとつの行動を細かい単位に切り分ける」

のは能力。

 

など、心に刺さる内容も載っているので、ぜひ読んでみてほしいですね。 

 

読んでいて思い出した昔のベストセラー本

でも、この「小さな習慣」を読んでいて思い出したのが、昔に流行った石井裕之さんの本「ダメな自分を救う本」です。

 

 

この本のエピソードで、引きこもりになっていた人が、スリッパを揃えるという小さな習慣を続けることから始めて、だんだんと出来ることを増やし、ついには社会復帰を果たすというのがありましたが、これもばかばかしいほど小さな習慣から始まったことですから、同じようなことを伝えてくれていますよね。

 

最初は、ばかばかしいくらい小さな目標でも、だんだん物足りなくなって、他にも色々なことができるようになるものなんでしょうね。

 

この記事を読んで下さった皆さんは、ぜひとも、笑っちゃうぐらい小さな目標からでも、取り組んでみて下さい。

 

きっと少しずつでも、成長していけるはずです。