人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

人生はお芝居みたいなものだから、理想とする自分を演じればいい。


f:id:dousuruka:20180223131715j:image

人生はお芝居みたいなものって思う時がありませんか?

 

私は、子供のころから、貧乏、父親のギャンブル、借金、両親の離婚、何度も転校、親の病気や死、嫁姑の苦しみ、子供の障害や、家庭内暴力、主人のモラハラ、アル中など、ありとあらゆることを経験してきたので、なんだか、自分の人生だけど、ドラマみたいに客観的に見ている感覚もあります。

 

本当に、色々ありすぎて、笑ってしまうレベルです。

 

だから、人生はお芝居みたいなものだと思って、自分というものはそこにとりあえず置いておいて、理想とする自分を演じればいいんじゃないかと考えています。

 

要するに、明るくて、積極的で、楽天的で、クヨクヨしないという役の芝居役者になって、それを演じていけばいいと思うんですよね。

 

今までの嫌だなと思う自分は置いておけばいいんです。

 

そうしたら、自然とそういう、明るくて、積極的で、楽天的で、クヨクヨしない自分になっていくんじゃないかと思ってます。

 

 

 

なんでもなりたい役柄になりきっちゃえばいい。

どんな役柄でもいいんですよ。

 

何言われても、めげない役。

 

ボロクソ言われても、反対にナニクソ!とやる気が出る役。

 

周りが最悪な環境でも、1人でもくじけず頑張っていく健気な役。

 

なりきり選手権のように、なりきっちゃえばいいんです。

 

賢い役になりたかったら、賢いふりして、本を読みまくって勉強してたら、絶対賢くなりますって。

 

お金持ちの役になりたかったら、無駄遣いをせずに、本当に必要なものだけを買い、家を綺麗に保って、見栄をはることをやめたら、なりきりお金持ちから、本当のお金持ちになれますよ。(本当のお金持ちは見栄をはることはありません。本当に必要なものだけを所有しています。そして、絶対に収入の範囲内でしか支出はしません)

 

どんな役にだってなりきろうと思ったらなりきれます。

 

そうして、なりきりを続けていたら、本当にそんな人になっていきます。

 

お芝居やドラマがおもしろいのは、ヒロインやヒーローが苦しみを乗り越えていくところ。

お芝居やドラマは、本当に色んな展開があって、すごいピンチに追い込まれたり、苦しい目にあったりしますね。

 

でも、それを乗り越えていくところ、立ち直り頑張っていくところがいいんですよね。

 

ピンチに追い込まれて、クヨクヨ悩んで、ずーっと落ち込んでる主人公のドラマなんか見たくないですよね。

 

なんかあったら文句ばっかり言って、不満たらたら、周りに悪態つきまくりの主人公のドラマなんて誰も見たくないですよ。

 

これって、守護霊様や、神様から見ても同じだと思うんです。

 

やっぱり、クヨクヨして、落ち込む人より、明るく、前向きに生きていく人のほうが、見てて嬉しいし、応援したくなるはずです。

 

なりきりでも、最初はそんなふりでも、続けていけば、絶対そのような性格になれます。

 

神様や、守護霊さまにも、おもしろがってもらえるくらい、前向きな役になりきって毎日生きていきましょう~。