人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

【飽き】を克服するために必要なこと


f:id:dousuruka:20180711202858j:image

今の仕事が天職と心得よ

人間誰しも、一つのことをずっとやっていると、いつか必ず飽きてくるものです。

 

仕事でも、趣味でも何でも、一つのことをやっていると必ず飽きる時がやってきます。

 

その、「飽きる」という壁をいかに乗り越えるか。

 

そこが、まあまあで終わってしまうか一流の域に達するかの分かれ道であります。

 

「飽き」は成功の大敵となります。

 

 

もちろん、何でも始めて間もない頃や、仕事にしても軌道に乗らないうちは、飽きるもなにも、軌道に乗るまで必死になって頑張るだけです。

 

しかし、ある程度の基盤が出来て、仕事がどうにか軌道に乗ってくるようになると、誰にも「飽きる」という問題が生じてきます。

 

「こんな仕事をやっていて何になるんだろうか」

 

「ほかにもっと自分にあった仕事があるんじゃないだろうか」

 

「もっと有意義な仕事はないんだろうか」

 

こんな思いが一陣の風のごとく心の中をサッと吹き抜けた時に、実は放漫経営が始まったりするのです。

 

それだけにこの「飽きる」という心を克服することは経営者にとって非常に重要なテーマと言えるのです。

 

では、どうしたら克服できるのか。

 

これについて、経営コンサルタントの船井幸雄さんがいいことを言っています。

 

いわく、

 

「今の仕事が天職だと考えよ」

 

たとえば不動産屋だったら

 

「私には不動産屋が天職なんだ」

 

美容院を経営していたら

 

「私には美容院が天職なんだ」

 

医者だったら

 

「医者が天職なんだ」と考える。

 

「大工が天職なんだ」

 

「学校の先生が天職なんだ」

 

と、自分が今やっている仕事が何であれ、それを天職だと信じこむ。

 

それが秘訣だとおっしゃいます。

 

これには私もまったく大賛成で、天職だと思ったら気合いが入る、腰が入る、腑が入る。

 

「よーしやるぞ、私の天職は不動産屋だ、会計士だ、税理士だ、弁護士だ、医者だ、学校の先生だ」

 

と、ものすごい気合いが入ります。

 

そして気合いが入った分だけ、いくらでも注意が行き渡るし、精進努力が続くのです。

 

反対に、

 

「天職なんだろうか、どうなんだろうか」

 

と迷っていると、仕事の能力、集中力、没入力が弱くなってしまいます。

 

だからまず、天職だと考えるのです。

 

「下手の考え、休むに似たり」と言いますよね。

 

一度始めたことは、まだやったことがないことよりも、あなたに合っているに決まっています。

 

安易に歩む道を変えようと悩むくらいなら、居眠りするほうがマシというものですよ。