人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

貫き通すところに道は開ける


f:id:dousuruka:20180720133657j:image

人間は誰でも御魂を持っています。

 

その御魂には、良し悪しがあるのです。

 

まお、人間性の良し悪しと言い換えてもいいでしょうが、御魂の良し悪しを見分ける場合、どこで判断するのかというと、その人が今日までどんな人生を送ってきたかを見るのです。

 

つまり人生の足跡を見れば、その人の御魂がいいか悪いかがはっきりとわかるのです。

 

口から出てくる言葉を見ただけではわかりません。

 

誰でもいいことを言うし、素晴らしい言葉を出します。

 

心に思っていなくても、言うだけなら何でも言えるわけですから。

 

だから、言葉だけ見ると時に誤魔化されることにもなりかねませんが、人生の足跡はごまかしが利きません。

 

だから、足跡をしっかり見ていれば誤りはないのです。

 

たとえ挫折があっても、それをバネにしてバーンと乗り越えて来たのか、挫折のままで終わってしまったのか。

 

あるいは後ろ足で砂をかけるようなことをやってきたのか、人を蹴落とすようなことをやってきたのか。

 

こうした足跡はすべて、そのままが御魂の性質であり、御魂に刻まれたしるしなのです。

 

どんなことでもやり遂げた人、やりおおせた人、貫き通した人というのは荒魂がしっかりした人。

 

いつも誠で貫いてきたという足跡を残した人は素晴らしい御魂。

 

今どんなに純粋で、どんなに誠に生きようと考えていても、その人の足跡をみたらいい加減だったという人は、その足跡どおりの御魂なのです。

 

 

その人の御魂が顕現し始めるのはだいたい、16歳 、17歳。

 

自我に目覚めるころです。

 

だから、16歳、17歳の頃にお酒ばかり飲んでいたような人、女遊びばかりしていたような人は、元来がそういう御魂と見て間違いない。

 

だいたい16歳、17歳の頃の自分、それが魂の奥に隠れている本当の自分なのです。

 

それから、男性は30歳ぐらいになると前世の自分、前世の御魂が顕現するのです。

 

30歳になるまでどんな人生の足跡を残してきたかを見れば、だいたい御魂の傾向がわかります。      

 

だから、30歳に近い人は急いでこの足跡をつくらなければなりません。

 

足跡、つまり体験、実行を残していかなければならないのです。

 

いい御魂の人間であるかどうかは、そこをみればすぐにわかります。

 

巷には、われこそはメシアであるとか、われこそは救世主であるとか宣伝する人がいます。

 

言葉は立派です。

 

しかし、その人が送ってきた人生の足跡を見れば一目瞭然です。

 

正神界の御魂であるかどうか、すぐに審神(さにわ)できるのです。

 

とにかく、足跡以外にはありません。

 

どんな理屈があろうが、どんな理由があろうが、そんなものは問題ではないのです。

 

例えば、

 

「社長が気に入らなかったから会社を辞めたんだ」

 

「上司のいうことが癪に触ったから辞めたんだ」

 

「仕事が性分に合っていなかったから辞めたんだ」

 

それぞれ理由はあるでしょう。

 

しかし、そういう足跡しか残せなかった人、道半ばでやめてしまった人は、やはり中途半端な御魂なのです。

 

どんな理由があろうと、どんな屈辱があろうと、それをグッとこらえてやり遂げた人はよき御魂なのです。

 

だから、どんなことがあっても辛抱する。

貫き通す。

立派な足跡を残すよう努力する。

 

己の御魂の神試しだから、神様が見ているから只今、只今を立派に生きようと努力するわけです。

 

素晴らしい御魂として神界に行くか、卑しい御魂として地獄界に行くか。

 

それはすべて、一生涯の足跡で決まるのです。

 

境地ではありません。

 

境地というのは霊界ですから、どんなに高い境地境涯に至ったとしても、どんなに深い悟りを得たとしても、誰もが認め、神が認める立派な足跡を残さなければ神界には入れないのです。

 

どんなに悟ってもそれだけではダメなのです。

 

魂の世界、神の世界は、仏様の世界のもう一つ上にあります。

 

そこでは心の悟りは通用しません。

 

足跡しか通用しないのです。

 

だから、この現実世界でどういう生きざまを残したか。

 

それが神界とつながる唯一のパイプであり、人生のすべてなのです。

 

菅原道真公がなぜ神様と崇められているのか。

 

貫いたからなのです。

 

あれだけの才能を発揮して生涯を貫いた菅原道真公、

 

人生のすべてを至誠で貫いた楠木正成、諸葛孔明。

 

誠を形で出し続け、一生涯を締めくくった人はみんな、最高の御魂となって神界で輝いています。

 

誠の生きざまを生涯貫き通した人であればあるほど、素晴らしい御魂となっているのです。