人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

真心でやったことは必ず無駄にならない


f:id:dousuruka:20181011131517j:image

 

今は無駄のように思えても、直接それが開花する、また評価されるものじゃなくても、必ず間接的にいつか、どこかで実となり花となるのです。

 

いつも、一つずつを大切に生きていると、いろいろいいこともあります。

 

どこでどうなるか分かりませんから。

 

誰とも平等に接することができるようになるのが一番いいのです。

 

すなどりはやめましょうということです。

 

この人とは良くしようとか、この人は見くびって大したことないと思う。

 

そういう心というのが、実は神心ではないのです。

 

それは非常に動物的な心なのです。

 

幸運というのは、そういう心をすっかりなくすのが早道です。

 

侮り、すなどり、横取りはだめということです。

 

そういうものを無くしたときに、神仏がほほ笑むんですね。

 

人に対しても、自然に対しても、徹底的に誠を尽くす覚悟を決めて生きれば、天は必ず力を与えて下さいます。

 

そして、どんなに困難と思えることでも、不可能はなくなるのです。

 

他人の幸せのためにに尽くすことを喜びとすること。

 

それが結局は自分自身を幸せにすることにもつながるのです。