人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

人生とは他との戦いではなく、自分自身のなかにうごめく、わがまま、怠惰、勝ち気、冷淡、さまざまのよからぬ欲望などとの戦いであると知ったとき、わたしたちの生活内容はたしかに変わる。


f:id:dousuruka:20181107125616j:image

人生とは他との戦いではなく、自分自身のなかにうごめく、わがまま、怠惰、勝ち気、冷淡、さまざまのよからぬ欲望などとの戦いであると知ったとき、わたしたちの生活はたしかに変わる。

 

タイトルの言葉は、三浦綾子さんの「愛すること 信ずること」に書かれてある言葉です。

 

三浦綾子さんは、敬虔なクリスチャンで、小説などで神様のことを知ってほしい、まだ神様のことを知らない方がいらしたら、本当の幸せを得るために神様を知っていただきたいと、ずっと書き続けておられました。

 

三浦綾子さんの小説も随筆も、絶望を希望に変えることのできる神様を指し示したいからだそうです。

 

人生、面倒くさいことの繰り返しです。

 

こんなの嫌だ。

 

私はこんなに頑張ってきたのに。

 

今まで、一生懸命我慢してきたのに。

 

なんで私がこんな目に合わないといけないの?

 

こんな想いにとらわれてしまうことありますよね。

 

でも、神様を信じて生きる人にとって、世の中では、その人を最終的に幸せにすることしか起こらないのです。

 

人生にはいろいろなことがありますが、何があっても絶えず感謝です。

 

そして、その感謝を精進努力の実践に昇華させてこそ、その感謝の心は本物になるのです。

 

 

人間、皆、死ぬのです。

 

全部死にます。

 

限りある命です。

 

長く生きる人もいれば短命な方もおられますが、いつ死ぬかが問題ではなくて、どのように生きたかが問題だと思います。

 

死んだ後、どこに行くか。

 

私たちは、その準備をしながら生きていくべきなのだと思います。