人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

お金で買えないモノを多く持つほど本当の金持ち


f:id:dousuruka:20190124102320j:image


苫米地英人さんの「金持ち脳   捨てることから幸せは始まる」を読みました。

参考になることも多く書いてあったので、紹介します。

 

貧乏脳ではなく、金持ち脳になるとはどういうことでしょうか。それは、まず、次の2つのことをしっかりと認識することなのです。

 

1、金で満足は買えないという事実を知ること

金で満足を買うことができると考えていると、金を使って満足を手に入れようとするあまり、どうしても支出を優先させてしまう。

 

しかし、金で満足は買えないという事実を思い知ると、人は自然に余計なお金を使わなくなる。

満足はお金で買うものではないという原則がわかれば、たとえば収入の8割ぐらいを使おうという、収入優位の考え方をするようになるのである。

 

このように、収入先行の人を金持ちというのであって、稼ぎのいい高収入の人を金持ちとはいわない。

なぜならば、高収入でも、支出が先行していれば、その人間は貧乏だからである。

 

つまり、金持ちか貧乏かを判断するにあたって、金額の話は問題外なのである。

 

また、金で満足を買えないことがわかれば、金では買えない満足があることを知るようになるだろう。

 

それをたくさん貯めることができれば、その人間は、大金持ちになれるではないか。

 

たとえば、都内でも、ただで入れる施設はたくさんある。

寺や神社へ行けば「ご縁がありますように」

という意味の五円玉一つで、その静寂な雰囲気に触れ、神道や仏教の真髄に近づくことができよう。

 

立法や司法の現場を訪れれば、いやでも日本の政治や裁判のあり方に興味を持つだろうし、高額のコンサートホールに行かなくても、ただで音楽を聞かせてくれるところもある。

 

あるいは、わずかな交通費を払って郊外に出かければ、海も山も目の前だ。

昔の町並みを残す町を訪れて歴史に触れるのもいいだろう。

 

このように、お金で満足は手に入らないことを知れば、金を使わなくても手に入れるモノの価値がわかり、手に入れる方法が見えてくる。

したがって、続々と手に入り、満足するようになる。

そうすれば、金を使って手に入れようとはしなくなる。

収入を優位に考えるようになって、支出優位にはならない。だから、実収入とは無関係に金持ちになれるのである。

 

2、エフィカシーを上げること

エフィカシーとは、コーチングの用語で、

「自己能力に対する自己評価」という意味である。

たから、エフィカシーを上げるということは、「自分は金を稼げる人間だという自己評価」を上げることである。

 

たとえば、同じ大都市に住んでいながら、たくさん稼ぐ人間と、稼げない人間がいるのはなぜか。

両者は同じ町並みを見て、同じスーパーなり同じコンビニなりで買い物をしているわけだが、見ているものが違うのである。

 

だから、稼げる人間と稼げない人間との差が生じる。

エフィカシーが高い人間は、自分は稼げる人間だということを確信しているから、稼ぎ方が見えるのである。

 

彼らは、稼ぐ必要があるから稼ぎ方を研究しているのでもなく、稼ぐことができるのでもない。

入ってきたお金の額に応じて、収支のバランスを取ることができるのである。

そうすると、ずっと金持ちでいられるのである。