人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

嫌なことに感謝できるのは上級


f:id:dousuruka:20190126105441j:image

斎藤一人500年たってもいい話に、

 

嬉しいことに感謝できるのは初級

当たり前のことに感謝できるのは中級

嫌なことに感謝できるのは上級

 

いいことが起こったときに感謝するのは普通のこと。

嫌なことが起こったときでも感謝できるようになって、はじめて人生が変わるのです。

 

転んで脚を折った時には、「首が折れなくてよかった。ありがたい」

 

仕事で失敗した時には、「こういうことをすると失敗するとわかった。ありがたい」

 

人に騙された時だって、「世の中にああいう人がいるとわかった。これだけですんでありがたい。次は気をつけよう」

 

あの人にも、この人にも感謝していると、必ず成功するようになります。

いろいろなことを学ぶからです。

 

とあります。

 

 

しかし、大抵の人が中級で止まってしまいますので、上級までいくことができれば、すごいことだと思います。

 

「嫌なことにも感謝する」は、頭ではわかっているのですが、実際に嫌なことが目の前に来ますと、なかなか感謝できるものではありません。感情的に無理だと思います。

 

ですからそれを乗り越えて、実際に嫌なことが起こっても感謝できるのは凄いことなんです。

 

それができるようになるには、普段から

「ありがとうございます」などの感謝の言葉をどれだけ口にしているかだと思います。

 

やっぱり、どんな事でも、

「御魂の恩頼(ふゆ)を頂きありがとうございます」という気持ちを持てることが大切ですね。

御魂の恩頼(ふゆ)とは、神様から頂く魂の栄養のようなものです。

これが、人生で最も大切なものなんですよね。

 

どんな本を読む時も、講演を聴くときも、

「御魂の恩頼(ふゆ)とならしめたまえ~」と祈ってからだと、本当に魂の栄養になるそうですよ。

私も、本を読む前には必ずそう祈ってから読んでいます。

 

どんな事でも、良い経験になった。これで刧が晴れたわ!これからはこの経験が生きる未来がきっと来る!と感謝して前向きに生きていくことが、神様から見て、

「よしよし、よく魂を磨いておるな」と思われる、神様に愛された人生になるわけですからね。

 

嬉しいことに感謝できるのは初級

当たり前のことに感謝するのは中級

嫌なことに感謝できるのは上級

 

絶対、上級になれるように頑張っていきましょう。