人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

美しさへの3つの条件

f:id:dousuruka:20191030120142j:image

渡辺和子さんの著書、「美しい人に~愛はほほえみから~」で紹介されていた話です。

 

真山美保さんという人の作品に『泥かぶら』という1人のみにくい子どもの話があるそうです。

ここから『泥かぶら』のお話です↓

 

みにくいが故に村の人々から嘲(あざけ)られ、子どもたちから石を投げられたり唾をかけられたりした。

 

それを、口惜しがっておこる少女の心はますます荒み、顔はみにくくなる一方だった。

 

ところがある日のこと、その村に一人の旅の老人が通りかかり、竹の棒をふりまわして怒り狂う泥かぶらにむかって、次の三つのことを守れば村一番の美人になると教え、自分はまた旅を続けて行くのであった。

その三つのこととは、

 

いつもにっこりと笑うこと

自分のみにくさを恥じないこと

人の身になって思うこと

 

であった。

少女の心は激しく動揺するが、美しくなりたい一心でその日から血のにじむような努力がはじめられる。

 

決心は何度も中断され、あきらめられようとするが、また気をとり直してはじめる泥かぶらの顔からはいつしか憎しみが去り、その心は穏やかになってゆく。

明るく気持ちのよい少女は村の人気者となり、子守にお使いにと重宝がられる者となったのであった。

 

そんなある日、同年輩の娘が人買いに買われて行くのを知った泥かぶらは、喜んで身代わりとなり連れられてゆく。

 

道々たのし気に村の様子を話し、自分がかわいがった村の赤子たちについて語る少女の心はいつか凶暴な人買いの心を動かしはじめたのであった。

 

彼は前非を悔い、置き手紙を残して立ち去ってゆく。その手紙には、

「ありがとう。ほとけのように美しい子よ」

と書かれてあった。

そしてその時泥かぶらは、かつて旅の老人が約束した言葉を理解したのだった。

 

 

 

渡辺和子さんは、著書の中で、

人間の顔の美しさというものは目鼻立ちの良さよりもやはり自分が努力して作ってゆく美しさであり、生きている美しさだと思う。

整った顔とか、形のよい顔というのは生まれながらのものかも知れないが、美しい顔というのは、生活の中に生まれ、彫りきざまれて出来たものである。

男の顔は履歴書で女の顔は請求書だと言った人があるが、たしかに女子の顔はそれに費やされた化粧品等の総額という見方もあろう。

しかし、男女の別なく顔はその人の心と生き方のあらわれでしかない。年をとっていよいよ増す美しさ、また素顔の美しさというものを、もっとたいせつにしてゆきたいものである。

と、書かれています。

どんな人でも、泥かぶらのように努力を重ねて、美しくなれるはずですよね。

泥かぶらのお話、忘れないように生きていきたいです。