人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

どうしたら人を惹きつける力を身につけることができるのか


f:id:dousuruka:20200812133138j:image

魅力とは?

ほとんどの人が、自分は魅力ある人でありたいと願っています。

それは、異性を惹きつける「性的魅力」から始まって、人々に安らぎと信頼感を与える「人間的包容力」までを包含する人間的魅力であり、それを何とかして身につけたいと欲するのは、人間として至極当然の願いでありましょう。

 

しかし、多くの人々は、その願いとは裏腹に、異性にはもてず、人づきあいが悪く、そういう自分自身にいらだちを覚えているのが実情です。

 

当人は何も異性に嫌われたり、他人に避けられたりしたいと思っているわけでもないのに、なぜか人々は自分から離れようとばかりするのです。

これは一体、どういう理由なのでしょうか?

 

ブスだとか、見栄えが悪いということがその原因ではないのです。

また、教育がない、お金がないというのも、その主原因ではありません。

 

確かに美人やハンサムな男であり、また地位が高く、お金もちであるというのも魅力の一部分であることを私はは否定しません。

しかし、それは、ほんの一部分なのです。

 

その証拠に、お金持ちでも人気のない人がおりますし、逆になんのとりえもなく、風采の上がらない男性で、奇妙に女性に人気のある人を私は何人か知っております。

 

では、誠実で、人格の優れた人は魅力的なのでしょうか?

 

いいえ、これもその一部分であるかもしれませんが、人間として立派であっても、孤独な人は数多くおります。

 

それは、尊敬と魅力は別物であることを示すものです。

「では、魅力とは一体何者なのでしょうか?

そして、どうすれば、それを身につけることができるのでしょうか?」

 

実は、その答えはとても簡単なのです。

 

この極意とは、ずばり、

 

人蕩の極意

魅は

与によって生じ

求によって滅す

 

って、無能唱元さんっていうお坊さんが書かれてるんですよね。

 

答えは、恐ろしく単純で、とにかく与えればよいということです。

 

すなわち、あなたは他人に何か与えれば、あなたに「惹きつける力」は生じ、あなたが他人から何かを取ろうとすれば、その力は即座に消えてしまうのであります。

 

これは、答えというより、むしろ「原理」といった方がよいでしょう。

多くの場合、真理とか原理といったものはこのように至極単純なものなのです。

 

例えば、こうです。

あなたはハムを一枚手に持って、犬を呼んだとしましょう。

 

すると、犬は一目散にあなたのもとへ駆けて来て、しっぽを一生懸命振るでしょう。

つまり、このハムを犬に与えようとした瞬間に、「犬はあなたに惹きつけられた」のです。

 

この、「物を与える」ということは、その人に魅力を発揮させる最も原型的なその例です。

つまり、ひと口に言えば、金離れの良い人は好かれ、ケチな人は嫌われるというわけです。

 

しかし、このようなことを言えば、多分、読者の皆さんの中には、

「そんなことはわかっている。しかし、人に物やお金を与え続けていたら、自分が貧乏になってしまい、自分の生活が成り立たなくなってしまうではないか?」

という疑問を持たれる方が、きっと出てくることでしょう。

 

確かにそのとおりです。

落語に、昔、吉原で派手に金を使い、皆にお大尽、お大尽とおだてられ、遂に無一文となると、「金の切れ目が縁の切れ目」とばかり、手の裏を返したような冷たい仕打ちを受ける話があります。

 

お金や物をあげることは確かに大きな魅力をその当事者にもたらすものではありますが、しかし、お金や物は誰でも無限に持っているものではありません。

そして、それらの持っているお金、つまり財産は、あなた自身の生活を守り、他人の厄介にならないための大切な蓄えなのです。

 

財産を保持することは、自己生存本能という、「生きていたい」衝動がその基になっております。

 

つまり、自分の生命存続のための安全性をそこに求めているのであり、それはまた、「他人に迷惑をかけない」ためには、社会人として必要不可欠の行為なのです。

 

ですから、人に好かれたいために(これが魅力の本態)その大切な財産を他人に与え尽くしてしまうことは、結局、他人の厄介になって助けてもらうことになりかねません。

 

そうすれば、その時点で、その人は他人から嫌われることになってしまうわけです。

 

しかし、この説明は、魅は与によって生じ、求によって滅する」の原理を明らかに証明もしています。

つまり、与えれば好かれ、求めれば嫌われるという点で……。

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

 

 

自然の美しさに目を向ける


f:id:dousuruka:20200512121915j:image

名誉や金もうけばかり考えている人は、とかく

「世間は汚い、世の中は頭を悩まし苦しませることだらけだ」 とぼやく。

 

しかしそれは、彼らが目先の損得にとらわれるあまり、自然の美しさに目を向けないからだ。

 

雲は白く、山は青く、川はさらさらと流れ、岩はそそり立っている。

野には美しい花が咲き乱れ、鳥はさえずり、谷にはこだまし、木こりが歌っている。

世の中には、こんな美しい世界もあるのだ。

 

この世は汚れてもいないし、苦しいことばかりが起きるわけではない。

そうさせているのは、自分自身の心である。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

喜びも悲しみも忘れ去る


f:id:dousuruka:20200512121855j:image

子どもが生まれるとき、母親の生命は危険にさらされる。

 

金持ちになると、泥棒に財産を狙われる。

 

どんな喜びや幸せも、悲しみや不幸の原因にならないものはない。

 

貧乏であれば、できるだけむだ遣いはしないし、病気がちな体であれば、健康に気を遣い、体を大事にする。

 

どんな悲しみや不幸も喜びや幸せの種にならないものはない。

 

幸せも不幸もおなじことと見なし、喜びも悲しみも忘れ去る。

人生の達人は、こうした生き方ができる人のことである。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

 

満ち足りることを知る


f:id:dousuruka:20200512121830j:image

欲にとらわれているものは、

金をもらっても、宝石をもらえなかったことに不満を抱き、

高い地位を与えられても、その上のより高い地位を与えられなかったことに恨みを抱く。

こういう人は、高い地位についたとしても、自ら乞食に成り下がっているようなものだ。

 

分をわきまえ、満足することを知っている人は、どんなに粗末な食事でもおいしいと言い、どんなに粗末な服を着ていてもあたたかいと言う。

こういう人は、地位も財産もない貧しい庶民であっても、心は王侯よりも豊かである。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

真の幸福をめざす


f:id:dousuruka:20200512121811j:image

苦しんだり、楽しんだりしながら自分を磨いて、その結果得られた幸福は本物です。

 

疑ったり信じたりしながら考え抜いて、その結果得られた知識は本物です。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

楽しい気持ちで暮らす


f:id:dousuruka:20200512121749j:image

幸せになりたいと願って幸せになれるものではありません。

 

大切なのは、常に楽しみ喜ぶ気持ちを持って暮らすことです。

 

これこそが幸福を呼び込む秘訣です。

 

不幸は避けたいと思っていても避けられるものではありません。

 

大切なのは、イライラして人にあたったり、暴言を吐いたりせず、常に人に思いやりの心を持って接することです。

これが不幸を避ける秘訣なのです。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

 

満たされた生活の中に、不幸があることを知る


f:id:dousuruka:20200512121631j:image

人はとかく、地位や名誉がある人は幸せだと思っていますが、そうとは限りません。

 

実は、名も知られず、地位もない普通の人の生活の中に最高の幸せがあるのです。

 

人は、住む家もなく日々の食べ物にも事欠く生活が不幸だということは知っていますが、

 

満たされた生活の中で生まれる不安や悩みのほうが、もっと深刻だという事実に気づかないのです。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com