人生は自分が決める

このブログを訪れてくれた皆様が幸せに過ごせるように願って綴っていきたいと思います

逆境にあって自分を磨く


f:id:dousuruka:20200512122034j:image

人間は、逆境に置かれているときほど、なんとかこの境遇から抜け出したいと一心不乱に自分を磨き鍛えるため、人間的に大きく成長できます。

ただ、当の本人が気づかないだけで。

 

逆に、何もかもうまくいっているときほど、人はその境遇に安心しきって、努力や鍛錬を怠ってしまうため、成長が止まってしまうのです。

ただ、当の本人が気づかないだけなのです。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

www.dousurukakimeru.com

 

 

清濁併せ呑む


f:id:dousuruka:20200512122010j:image

汚い肥やしをまいた畑には作物がよく育ちます。

 

きれいすぎる水には魚は棲みません。

 

これは人間も同じで、あまりに潔癖すぎるとかえって人に親しまれません。

清濁併せ呑む度量の大きさが必要なのです。

 

汚いものをあえて受け入れる度量を持ってこそ君子といえます。

一人よがりの潔癖は避けるべきなのです。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

真にすぐれた人を見抜く


f:id:dousuruka:20200512121939j:image

濃い酒や脂の乗った肉、極めて辛いものや甘いものなどは本物の味ではありません。

 

本物の味というのは、驚くほどあっさりとしているものです。

 

同様に、人間も人並みはずれた素晴らしい才能の持ち主が、その道を極めた達人とは必ずしも言えません。

達人とは、実はごく普通の人なのです。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

 

言葉で人を救う


f:id:dousuruka:20200512122146j:image

生活にゆとりがなく、お金や物を与えることができなくとも、言葉で人を救うことはできます。

 

悩んでいる人や困っている人に出会ったら、

一言、優しい言葉をかけるだけで、彼らを悩みや苦しみから救うことができるのです。

 

これもまた大きな善行であります。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

名誉を独り占めしない


f:id:dousuruka:20200512122205j:image

名誉は、独り占めしてはなりません。

 

自分に協力し、支えてくれた人たちにも分け与えるべきです。

 

そうすれば、他人から恨みやねたみを買うこともありません。

 

逆に、汚名をすべて他人にかぶせてはなりません。

その一部でも自分が、引き受けるようにすることで、自らの人格を高めることができるのです。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

つまらない人物を憎まず、立派な人物に媚びない


f:id:dousuruka:20200512122239j:image

つまらない人間に対して、その短所や欠点をあげつらい厳しく接するのは簡単なことですが、憎まないということは難しいことです。

 

立派な人物に対して、その長所や美点に尊敬の念を表し、へりくだった態度で接するのは簡単ですが、卑屈にならずに礼を尽くすのは難しいものです。

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

真心でやったことは必ず無駄がない


f:id:dousuruka:20201113203055j:image

今は無駄のように思えても、直接それが開花する、また評価されるものじゃなくても、必ず間接的にいつか、どこかで実となり花となるのです。

 

いつも一つずつを大切に生きていると、いろいろいいこともあります。

 

どこでどうなるか分かりませんから、誰とも平等に接することができるようになるのが一番いいのです。

 

すなどりはやめましょうということです。

 

この人とは良くしようとか、この人は見くびって大したことないと思う、そういう心というのが、実は神心ではないのです。

 

幸運というのは、そういう心をすっかりなくすのが早道。

 

侮り、すなどり、横取りはダメということです。

そういうものを無くしたときに神仏がほほ笑むのです。

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com

 

 

www.dousurukakimeru.com